読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リスクは2手で詰める

マネジメントしてますか?
どうもmomoです。

 

リスクマネジメント(英語: risk management)とは、リスクを組織的に管理(マネジメント)し、損失などの回避または低減をはかるプロセスをいう。 リスクマネジメントは、主にリスクアセスメントとリスク対応とから成る(JIS Q 31000 「リスクマネジメント―原則及び指針」による)。

こうやってね、物事の説明をする時に公的に定められた正確な定義を引用することで読者に付け入る隙を与えない、つーのもリスクマネジメントなワケ。 


今日はそんなリスクマネジメントの大切さについて書きたいと思います。
日本語には「備えあれば憂いなし」という言葉がありますが、人間、非常事態に直面するとそうそう冷静な判断は出来ないものです。


これはマジの実話なんですが、この間電車に乗ってる時に隣の車両から米村でんじろう先生が突然空気砲を撃ってきまして。常に「リスクとは」と自問自答してるぼくはすぐに解決してやりました。
空気、抜いてやったんですよ。隣の車両からね。車両中の酸素を。ごといってやりました。その後はいくら米村でんじろうと言えども、真空の中でダンボールを叩くだけのおっさんですからね。
対物ライフルを腹にズドンですわ。ここまでたった2手ですからね。この詰み筋あなたには見えてました?

 

たとえば彼女と水族館へ行った時、突然水族館中のガラスが割れたとします。あなたならどうします?

 

救命胴衣を着て行く
あの、マジで、頭、大丈夫ですか?彼女の気持ち考えたことあります?明日のデートが楽しみで夜遅くまで次の日の服を選んで、朝も早く起き過ぎちゃったけどその分念入りに髪を梳かしてお化粧して、待ち合わせ時間の30分前には到着してしまった彼女の前に、あなたは救命胴衣で現れるんですか?
それは「終わり」でしょ。水族館デートに救命胴衣で現れたお前を見た彼女は、それからずっと"別れ"だけを考えるわ。マジで使ってくれ、頭を。

 

彼女と循環呼吸する

なるほどね。確かにそれなら水中でも長く息が続きますもんね。

浅ぇ。浅過ぎるわ。遠浅じゃん。遠くの方まで浅いわ。お前の思考回路で潮干狩り出来そうだな。採らせてくれアサリを。
それ、少し死ぬのが長引くだけじゃん。根本的に解決しないと意味がないわけ。循環呼吸しながらどうやってそこから抜け出すんだよ。一見正解に見えるけど、その道の先にあるのはだけですからね。何ヘラヘラしてんだよ。お前は救命胴衣を着て水族館に来る彼氏以下だからな。あいつは助かるんだよ。

 

乾燥剤を持ち歩く

馬鹿の親玉かよ。量って概念を知らないのかよ。水族館の水を一気に乾燥させる量の乾燥剤って万t単位じゃねえか。それはもう持ち歩くとかの範囲じゃなくて建造物だよ。仮に持ち運べたとして、その辺り一帯は山本元柳斎重國が卍解した後の尸魂界みたいになるわ。その乾燥剤の量を見て、冬獅郎が「氷輪丸はもう使えねえよ。尸魂界中の水が少しずつ消えていってる」って言うわ。それかあれだわ。持ち歩いてるお前自身も初代キン肉マンに出て来たミスターカーメンが、ブロッケンjr.との戦いで「ミイラパッケージ」という吸血技を使って、中から骸骨が出て来てあわやブロッケンjr.死すと思いきや、実は包まれていたのはレフェリーだったってシーンがあるんだけど、そのレフェリーみたいになるわ。長え。ツッコミまでが長えわ。

 

もうキリがないので正解を言います。
胸にエアバッグを埋め込む

これです、水がドン!胸にドン!あとは"浮力"が全て解決っすわ。息がやばくなってきたらエアバッグからいけますしね。浮力って知ってます?浮く力のことなんですけど。これも実は胸ドンからの浮力でたったの2手詰みなんですよね。

 

f:id:prfm:20161202110238j:image

ミイラパッケージされたレフェリーを見た時泣いてしまったな。ブロッケンjr.は正義超人だから「レフェリーには可哀想なことをしてしまった」とか言うんだけど、済まねえよと思いながら泣いた。

f:id:prfm:20161202110242j:image

骸骨になると誰か分からないから、作者が苦肉の策として首から「わたしはレフェリー」と書かれたカードを下げたことにも泣いてしまった。やり方が汚いんだよ。